火曜日, 2月 27, 2024
ホームUncategorizedラ アルベルカの見どころ。サラマンカの美しい村

ラ アルベルカの見どころ。サラマンカの美しい村

見た後 サラマンカの一日私たちはスペインで最も美しい村の一つと言われている村を訪れるよう勧められたので、さらに詳しく調べてみることにしました。 ラ アルベルカの見どころ

ラ アルベルカの見どころ

シエラ・デ・フランシアの中心部で、 ラ・アルベルカ村を訪れる 石畳の通りと、たきたての暖炉の香りが漂う、昔の村にタイムスリップしたような気分になるでしょう。

それは最初にできたスペインの村です。 歴史芸術遺産に指定されました 1944 年に設立され、 スペインで最も美しい村それを見た後、それを100%裏付けることができます。

全部知りたいですか? ラ・アルベルカの町で見る?このガイド付きツアーは、この街について知り始めるのに最適な方法です。 村の歴史全体。 😉

ラ アルベルカのガイド付きツアー

ラ アルベルカのマヨール広場、ラ アルベルカの必見スポット

そこには ラ アルベルカ マヨール広場 お祭りのイベントが開催され、近所の人たちが集まるエリアです。

に囲まれて 木製のバルコニーと花崗岩の柱のあるアーケードのある美しい家々。マヨール広場には市庁舎があります。 1階 古い公立刑務所の扉が保存されている現在観光案内所がある場所。

ラ・アルベルカで必見のメイン広場

いくつかのレストランやショップもあります。 噴水と、受難のシンボルで飾られた 18 世紀のトランセプト。

サトゥール フアネラ ハウス ミュージアム

サトゥール フアネラ ハウス ミュージアム は欧州連合で最も重要な博物館の 1 つです。 ラ アルベルカの見どころ 過去に戻って見ることができるからです 典型的な家はどのようなものでしたか 中身。

  • アルベルコイの家は木造で 3 階建てです。1 階には動物がおり、1 階にはキッチンとオフィス、そして上の階には寝室がありました。

現在の所有者であるサトゥールとフアネラが、彼が幼少期の一部を過ごした家を見せてくれるでしょう。なぜなら、そこは彼の祖父母(サトゥールとジョセファ)の家だからです。 当時のライフスタイルや生活環境。

サトゥール・フアネラ・ハウス・ミュージアム

見るとすごいよ すべてがどれほどよく保存され、維持されているか家族が今もそこに住んでいて、部屋、キッチン、地下室を訪問させてもらっているような印象を受けるほどです。 😄

訪問 家族についての短編映画が含まれています 誰が家を建てたのか、そして訪問の終わりに ノンアルコールのリキュールと典型的なキャンディーを味わってみませんか。

チップ: 訪問時間は変更される場合がありますそれで 出発前に電話したほうがいいです 所有者に確認するため。

ラ アルベルカのもう 1 つの必見スポット、ヌエストラ セニョーラ デ ラ アスンシオン教会。

被昇天教会は 18 世紀に建てられました。その中で私たちが一番気に入ったのは、 多色石の説教壇と奇妙なパイプオルガン。それについて私たちは言われました 蛇腹によって操作されていた

被昇天の聖母教会

教会の外には、アニマス・ベンディタス(祝福された魂)に捧げられた壁龕が見えます。 モザ・デ・アニマスの伝統

ラ・モザ・デ・アニマスはアルベルカーナ出身の女性で、夜になるとあらゆる街角で芝刈り機(鐘のようなもの)を鳴らします。 彼女は死者と煉獄の魂のために祈りを捧げます。

チップ: 入り口 無料

マラーノ デ サン アントンの記念碑

マラーノ・デ・サン・アントンの記念碑 石でできており、ラ アスンシオン教会と市の大聖堂の隣にあります。 ラ・アルベルカのもう一つの伝統に捧げられています。

マラーノ デ サン アントン ラ アルベルカの見どころ

毎年1頭の豚が選ばれ、6月に祝福された後、街頭に放たれます。 村の中を自由に歩く そしてそれを行うのはラ・アルベルカの住民自身です 餌を与え、世話をし、さらには世話をします。

ラ・アルベルカに会いに行くことで彼に会っても驚かないでください 😅。

1月が到来すると、サンアントンのお祭りが開催されます。 それはオークションで販売され、集まったお金は慈善団体に寄付されます。。昔は宝くじはありませんでしたが、 それは村で最も貧しい家族に与えられました。

ハム宇宙博物館

私たちはハム博物館を見たことはありませんでしたが、ラ アルベルカにあると聞いて、見に行きました 😁。

博物館のガイド付きツアーは無料です。そしてこの間に、 ハムの製造プロセス全体、スペインのさまざまな原産地呼称、ハムのさまざまな種類、脚のさまざまなカットについて説明しています。

ああ、ハム、ハム博物館

ご訪問の最後には、 さまざまな種類のハムやソーセージを味わうことができます。 レストランに行って軽食を食べたり、ハムを買って持ち帰ったりすることもできます。

アドバイス: 私たちはあなたを残します 彼らのウェブサイト 最適なものをお選びいただけます。

アルバータ衣装博物館

博物館には、 すべてのアルバーカン衣装の完全なコレクション。。最も注目に値するものの 1 つは、 ドレススーツ 結婚式の日に女性が着用し、今日でも マヨレス祭りの際に着用

ラ アルベルカで見るべき最高の場所の地図

地図上では、ラ アルベルカで最も見るべき場所の正確な位置がわかります。 ラ アルベルカで見るのに最高の場所

サラマンカからラ アルベルカへの行き方

そこには ラ アルベルカに行くのに最適な方法は車です。 車をお持ちでない場合は、車でラ アルベルカに行くこともできます。 あなたはバスを持っています 誰があなたを連れて行ったり連れ戻したりできるのか。

ラ アルベルカはサラマンカから 80 キロメートル離れた場所にあります。 A-62 を Las Cantinas まで進み、そこから SA-215 を進み、Tamames に到着したら SA-201 を La Alberca まで進みます。

村の中心部全体には非常に狭い道があるため、SA-215 に乗らなければなりません。 車を駐車場に置いておくのが最善です それは村の入り口にあり、 ラ・アルベルカを参照 散歩するため。 😊

アルベルカーナ通り

バス

ラ・アルベルカにも行けます 公共交通機関でこのバスを利用毎日循環するわけではありませんが、あなたの計画に合えば良いアイデアになるかもしれません 😉

ラ アルベルカの食事場所

私たちはそれを知った上で確信しています ラ アルベルカの見どころこの美しい村で飲み物を飲みながら座ってみたくなるでしょう。 とても美味しく食べられる場所がいくつかあります

私たちがテストした 2 つのサイトについての意見を残します 😋。

レストラン エル バルコン デ ラ プラザ

私たちが食事をする場所を探していたとき、マヨール広場に座っていた地元の人たちに尋ねたところ、そこにあるレストランを勧められました。

彼らは家庭料理をしていると言っていたので、それを試してみることにしました。そして、利用可能なものを見た後、私たちは日替わりメニューを選びました。 ジャガイモ・メネア 前菜 (この地域の典型的な料理) とメインコースの炭火焼き豚肉。デザートは自家製のチョコレートケーキ、美味しかったです。

アルベルカ特有のパタタス・メネアス

対応はいつもとても丁寧でしたし、 食べ物の量と質を考えると、高いとは思いませんでした。

チップ軽食が必要な場合は、ラ アルベルカのイベリコ豚のラシオネやタパスをお楽しみください。

  • 住所: C/マヨール広場、11

カフェ レストランテ エル エンクエントロ

マヨール広場からそれほど遠くないところにあります。 このレストランは肉が専門です

アラカルトメニューもありますが、種類が豊富だったので日替わりメニューを注文することにしました。

メニアスポテトが気に入ったので、再度注文しました。また、ロックフォールソースを添えたリブアイのグリルも注文しました。これはとても美味しかったです。

  • 住所: C/タブラド、8

サーロインステーキのグリル ロックフォールソース添え レストラン エル エンクエントロ

ラ アルベルカの宿泊施設

ラ アルベルカ村は 1 日で十分観光できますが、ラ アルベルカで宿泊したほうがよいでしょう。 より完全な休暇を過ごすために周囲を見る または、よりゆっくりとしたペースで観光することもできます。 理想的な宿泊施設を見つけるためのさまざまなオプション😉

ラ アルベルカの宿泊施設

この記事が役立つことを願っています ラ アルベルカの見どころご旅行の準備にお役に立てれば幸いです。またお帰りの際にお会いいたします。

こんにちは、旅行者です。

RELATED ARTICLES
- Advertisment -

Les plus populaires